社労士さとひろさんのランキング集計結果

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険労務士としてこんな事をしました話

  • 2011/08/05(金) 17:37:19

父が60歳になった時の話です。

「日本年金機構」という所から書類が送られてきたとのことで、
自宅に書き方等の説明に行きました。

①年金は請求しないともらえない。
もらえる年齢になると、自動的に自分の口座にお金が振り込まれるのではありません。
必ず、請求手続きをしなければもらえないのです。

②60歳台前半の年金をもらったからと言って、65歳以降の年金が減らされるわけではない。
父もそうでしたが、未だに多くの人が誤解されているポイントです。
なので、もらえる年齢になったらまずは請求手続きをしましょう。

③給与額がどれくらいかによって、受け取れる年金額は変わる。
給与額が60歳前と比べてどれ位下がったかによって、受け取れる年金額や雇用保険の給付金の額が大きく変わります。

そんな事を説明し、手続を済ませ、父は無事に年金を受け取ることができました。


スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

年金って・・・

お給料から勝手に引かれて毎月高い保険料を払ってるのに、いくらもらえるのかとかがさっぱりわからない制度ですよね。まだ全然実感がないけど、歳をとって働けなくなった時にもらえるものだから、すごく大事なものだと思うのに、その大事なものがさっぱりわからないっていうのは残念なことだと思います。ぜひ色々教えて下さいね。

  • 投稿者: まる
  • 2011/08/06(土) 10:30:36
  • [編集]

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。