社労士さとひろさんのランキング集計結果

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険に加入すると、どれだけ負担が増えるのか?

  • 2012/01/24(火) 14:49:54

コンビニオーナーにとっては、耳の痛い話かもしれませんが・・・

たとえ個人事業主として経営しているコンビニでも、従業員が5名以上いる場合には「社会保険(健康保険・厚生年金)」に加入しなければなりません。

具体的には、社会保険に加入しなければならない従業員は、以下の通りです。

・フルタイム(1日8時間、1週間で40時間勤務)の従業員
・フルタイムの方と比べて、3/4以上(1日6時間、1週間で30時間)の勤務時間の従業員

今回は、社会保険に従業員を加入させると、お店の金銭的負担がどれだけ増えるのかを試算してみました。

【前提条件】

① お店の1ヶ月あたりの人件費は120万円とする
② 時給は日勤900円、夜勤1,125円とする
② 社会保険に加入させなければならないフルタイムのアルバイトが日勤、夜勤に2名ずついる


1.労働保険料(労災保険料・雇用保険料)はどのくらいかかるのか?
(社会保険料との比較の為に、算出しました。)

※便宜上、雇用保険加入者の賃金の割合を、7割(→1ヶ月あたり84万円)としました。

① 労災保険料 57,600円(年間保険料)-A
② 雇用保険料 95,760円(年間保険料)-B

A+B=
労働保険料は、年額で約15万円です。

2.社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)はどのくらいかかるのか?

① 健康保険料 366,312円(年間保険料)-C
② 厚生年金保険料 634,176円(年間保険料)-D

C+D=
社会保険料は、年額で約100万円です!!!

年間で100万円の出費は、相当な負担ですよね~。
100万円のお金を手元に用意するとなると、年間で約300万円の売上げ増が必要です。

これは厳しいなぁ~と思うかもしれませんが・・・、大丈夫です!

日販に換算にすると、8,200円ずつ売上を増やせばOKで、(1日の客数が800人だとして)お客様に、うまい棒1本ずつ多く買い物して頂ければ、年間で300万円の売上げ増が達成できるんです!!!


社会保険料の負担は、お店にとって大変な重荷です。

でも、福利厚生制度がしっかりしていること、つまりお店が社会保険に加入していることは、良い人材を集めるための必要な条件の一つであると思います。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。